大麻草を検証するサイト。大麻は麻薬ではありません。良質の繊維や油が取れ、医療分野でも活用が期待されています。

衆議院議員 鷲尾英一郎氏、大麻の活用を強く提言。

衆議院議員 鷲尾英一郎氏、大麻の活用を強く提言。



2014年4月1日  農林水産委員会
説明・質疑者 鷲尾英一郎(民主党・無所属クラブ)

「大麻というと麻薬だと単純に連想する方が多いが、大麻の品種には薬用型と中間型と繊維型とがある。
繊維型は産業用大麻として色々な使われ方がある。
家の建材として。強度があり湿度を調整するので内装材に非常に良い。断熱材に使用すれば解体した後は土に帰るので大変良い。
麻の実はミネラルのバランスが良く、カナダでは広く食用として用いられている。
メルセデスベンツ社では自動車の吸音断熱材として、ポルシェやルノーではプラスチックに代わるものとしてドアノブやダッシュボードに組み込まれている。
日本では伝統的に神社のしめ縄として使われていたが、これが黄金の国、ジパングの由来になったという説もある。
バイオマス燃料としても、トウモロコシやテンサイよりも麻を使ったほうが量が採れる。
さらに麻は、硝酸態窒素の元になる窒素を土の中から吸収する。
TPPの問題がある中で、農水省としては有望な商品作物が何かということを調査研究をしていかなければならないと思う。
産業用大麻が注目されて世界各国の大麻の規制が変わってきている中で、日本では1948年に大麻を規制する法律が作られてから全く変わっていない。
これについての農水省と厚労省の考え方を伺いたい。」



コメントをお願いします

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional