大麻草を検証するサイト。大麻は麻薬ではありません。良質の繊維や油が取れ、医療分野でも活用が期待されています。

医療大麻が合法化されたアメリカの州で肥満率が減少!

医療大麻が合法化されたアメリカの州で肥満率が減少!

大麻

アメリカ合衆国は、1996年にカリフォルニア州での医療大麻解禁が始まり、以降23の州と首都ワシントンで医療大麻を合法的に販売、使用できるようになった大麻先進国である。
食欲増進の効果が期待される医療大麻だが、解禁された州では解禁後5年ほどで肥満率が減少するという副次効果が確認された。

大麻は俗に「マンチー」と呼ばれる食欲増進効果を持ち、老衰や抗癌剤治療などで食欲が減退した人が摂取することで、食欲を促す効果が薬効のひとつとして医療大麻の分野では期待されている。
しかし、医療大麻の解禁がもたらしたのは肥満率の減少という思わぬ効果だった。
Health Economicsに掲載された研究によると、1990年から2012年の患者らのライフスタイルの情報の盛り込まれたデータを相互参照したところ、患者らの体重に変化が見られ、医療大麻法の導入によって肥満が改善されたとの結論に至った。

もちろん医療大麻の摂取が食欲減退をもたらしたわけではなく、また、この効果はひとつの理由によってもたらされたものではなく、話は広範囲に渡たる。
例えば高齢者においては、医療大麻の摂取が体の痛みを和らげることによって、障害や病気などに煩わされることなく体をより多く動かして運動することができるようになった。
一方若者は、医療大麻が嗜好品としての市場に流れこむことで末端価格が下落、アルコールの代わりに大麻を摂取するようになっていたとのこと。
これは一見悪いことのようにも見えるが、ビールにせよワインにせよ飲酒が太るのは御存知の通り。彼らの飲酒が大麻摂取に置き換わったことで、結果的に肥満が減少したとのこと。
研究では医療大麻法の導入は0.4%から0.7%の肥満度指数の減少と、2%から6%の肥満率の減少に関わっていると結論づけている。

ここで言及されているのは大麻の摂取自体が体重を減らすという直接の効果ではない。しかし、「大麻使用者の空腹時のインシュリンの値は非使用者よりも低く、体内で血糖値を平常値にに維持するために生成されたインシュリンに対してより低い耐性を示した」として大麻がダイエットや糖尿病予防に有効であるとする研究結果も発表されている。
肥満や生活習慣病は今や先進国中に広まる多くの人の悩みである。大麻という選択肢の導入は、多額の税金を医療費につぎ込まずとも国民の健康を推進する可能性があることをこれらの研究は示唆していると言えるだろう。

Medical Marijuana May Help Tackle Obesity, Study Says IFLScience

【BUZZAP!2015年12月14日】


コメントをお願いします

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional