大麻草を検証するサイト。大麻は麻薬ではありません。良質の繊維や油が取れ、医療分野でも活用が期待されています。

大麻には脳神経細胞の破壊を抑制し認知症予防の効果がある

大麻には脳神経細胞の破壊を抑制し認知症予防の効果がある

大麻

医療用大麻に含まれる成分が、アルツハイマー病治療の助けになるかもしれないという研究結果がこのほどアメリカで発表された。

米ソーク研究所のデービッド・シューベルト氏は、「結論として、カンナビノイドにはアルツハイマー病治療薬としての可能性がある」と述べた。

シューベルト氏は、大麻に含まれるTHCなどの精神活性成分のカンナビノイドに着目。同成分にはアルツハイマーの特徴である脳内のアミロイド班の除去を促進させる効果があるほか、脳の神経細胞が破壊される炎症を防ぐ効果もあることが分かった。

同氏の研究には米アルツハイマー病協会も補助金を拠出し、大麻成分によって脳の炎症を軽減できる可能性に注目している。

ただし認知症に対する医療用大麻の効用について研究をしているミシガン大学のドノバン・モースト准教授は、「たとえ班の除去が認められたとしても、人に及ぼす効果を見極めるのは難しい」と指摘した。

シューベルト氏はカンナビノイドについてさらに研究を進めたい意向だが、大麻関連の研究には規制が多く、この分野の研究者や臨床試験の事例も少ない。それでも同氏は「医療用大麻は真の医学に利用できると確信している」と力を込めた。

【2016年7月26日 CNN】

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional